病気一覧/症状、原因、検査、診断、治療 -横断性脊髄炎- 健康・医療の総合情報サイト
健康・医療の総合情報サイト                      
ホーム>病気一覧>オ行>横断性脊髄炎




サイト内検索
 


【病気一覧】

五十音検索窓
   
       




医の達人facebookページ
最新記事、お役立ち情報をいち早くご覧いただけます。











病名    横断性脊髄炎
よみがな     おうだんせいせきずいえん


 どんな病気か


脊髄炎の典型的な症状です。脊髄に炎症をおこすことで、主に下半身の感覚が麻痺します。




                               



 症状


背中から胸や腹にかけてしびれがおき、それより下の感覚が鈍くなります。両足が麻痺したり、尿や便の感覚も麻痺するため排泄ができなくなったり、失禁したりします。病気が頚髄におこると、手足の麻痺に加え、呼吸困難をおこしたりします。


初期は症状が急激に悪くなりますが、極限に達したあとは徐々によくなる傾向にあります。



                               



 原因


ウイルスが直接脊髄に感染した場合や、他のウイルス感染後やワクチン接種などで免疫が異常反応をおこすためと考えられています。





                               



 検査と診断


MRIで脊髄を圧迫するものがないかを確認し、血液検査や髄液を採取して、ウイルスの抗体価を調べたうえで、診断を確定します。




                               



 治療


症状の強い間は安静を保ち、副腎皮質ホルモン剤で炎症を抑え、病原体が見つかったら抗ウイルス薬を使用します。




                               



 日常生活の注意


状態が落ち着いたら、早めに機能回復訓練を行いましょう。





このエントリーをはてなブックマークに追加



スポンサードリンク


   薬の形の秘密
   薬の使用期限と効果・影響
   薬の上手な保管方法
   賢い「かかりつけ医」の選び方
   治療費を払えないときはどうなるの?
   良い病院を見分けるポイントとは?
   安心できる医師のポイントとは?




                               



                   
   

Copyright(C) これであなたも医の達人 All Rights Reserved.