CPK(CK)の基準値(正常値)、疑われる病気 -生化学検査- 健康・医療の総合情報サイト
健康・医療の総合情報サイト                      
ホーム>もっと検査を知ろう>生化学検査>CPK(CK)

みなさんの中には「検査は医者にまかせておけば大丈夫」と思っている人も多いでしょう。
しかし、「自分の身は自分で守る」時代です。
これから行われる検査が「どのような検査」で「どんな目的」で検査するのか知っているだけで、無用な心配は無くなり、いっそう自分の健康管理の向上につながると思います。

サイト内検索



検査について
・検査の流れ
・検査のときの注意
・検査の基準値



・赤血球数
・白血球数
・ヘモグロビン
・ヘマトクリット
・赤血球数・指数
 (MCV、MCH、MCHC)

・血小板数
・網状赤血球数
・赤血球沈降速度



・PT(プロトロンビン時間)
・APTT(活性化部分トロンボ
 プラスチン時間)

・TT(トロンボテスト)
・HPT(ヘパプラスチンテスト)
・Fib(フィブリノゲン)
・FDP(フィブリン分解産物)
・Dダイマー



・T-Bil
・D-Bil
・TTT
・ZTT
・AST(GOT)
・ALT(GPT)
・ALPアイソザイム
・ALP
・LDH
・LDHアイソザイム
・γ-GTP
・LAP
・CHE
・CPK
・AMY(アミラーゼ)
・T-cho(総コレステロール)
・LDL-C
・HDL-C
・TG(中性脂肪)
・TP(総蛋白)
・Alb(アルブミン)
・A/G
・プレアルブミン
・BUN(尿素窒素)
・UA(尿酸)
・Cre(クレアチニン)
・Na(ナトリウム)
・K(カリウム)
・Cl(クロール)
・Fe(鉄)
・TIBC
・UIBC
・フェリチン
・GLU(血糖)
・HbA1c
・インスリン
・FRA(フルクトサミン)
・グリコアルブミン
・1,5-AG
・アンモニア
・心筋トロポニンT
・BNP
・ビタミンB12
・葉酸
・MMP-3
・プロカルシトニン
・シスタチンC
・KL-6
・クォンティフェロンTB-2G
・CRP


尿・便検査
・尿蛋白
・尿潜血
・尿糖
・尿ウロビリノーゲン
・尿沈渣
・便潜血反応
・妊娠反応検査(HCG)


免疫・血清学的検査
・HBs抗原
・HBs抗体
・HCV抗体
・梅毒血清検査
・HIV抗体
・RAテスト

アレルギー反応検査
・非特異的IgE(IgE)
・特異的IgE(RAST)

甲状腺検査
・FT3
・FT4
・TSH

腫瘍マーカー検査
・CEA
・AFP
・PSA
・CA19-9
・CA125
・PIVKA-U
・SCC
・SLX
・CA15-3


生理学的検査
血圧測定検査
視力検査
聴力検査
眼底検査
眼圧検査
心電図検査
負荷心電図検査
ホルター心電図検査
筋電図検査
脳波検査
肺機能(呼吸機能)検査
骨塩定量(骨密度)検査
心臓超音波検査
腹部超音波検査
胸部X線検査
X線CT検査
MRI検査
マンモグラフィー検査



医の達人facebookページ
最新記事、お役立ち情報をいち早くご覧いただけます。




       別名:CK、クレアチンキナーゼ



   

スポンサードリンク



JSCC標準化対応法法 :    男性60〜270 IU/l
   女性
40〜150 IU/l




                                        
                               



・骨格筋、心筋、脳などの損傷の程度を推測できる。
・アイソザイム分析により傷害された臓器を推定できる。




                                        
                               



クレアチンキナーゼは筋肉に多量に存在する酵素で、筋肉細胞のエネルギー代謝に重要な役割を果たしています。


そのため、筋肉に障害があると、血液中のクレアチンキナーゼは高値になります。
特に、急性心筋梗塞や進行性筋ジストロフィでは著しく高い値になります。


また、CPKアイソザイム分析検査を同時に行うことで、障害臓器や障害程度をより詳しく診断できるようになります。




   
スポンサードリンク



・神経・筋疾患が疑われる場合
・脳の損傷が疑われる場合




                                        
                               



高値


  筋疾患:進行性筋ジストロフィ、多発性筋炎、皮膚筋炎など
  心疾患:急性心筋梗塞、心筋炎など
  脳疾患:脳血栓、脳梗塞、脳損傷など
  その他:甲状腺機能低下症、悪性腫瘍、薬物中毒など




                                        





運動によって数値が上昇しやすい項目です。ジョギングなどの日常の軽い運動でも高値になり、高い状態が数日間続きます。検査数日前はなるべく運動を控え、検査当日は少し早めに病院に行き、気持ちを落ち着かせから検査を受けるようにしましょう。








基準値は検査方法や測定方法、測定機器、用いる試薬、単位などにより値が異なります。
単に数字を見るだけではなく、測定方法や単位なども注意深く確認してください。
また、個人個人の生理的変動によってかなり左右される項目もありますので、少し値が基準値から外れていたからといって神経質にならないでください。あくまで健康の目安として考えるとよいでしょう。





このエントリーをはてなブックマークに追加



スポンサードリンク


   インフルエンザ検査とは
   インフルエンザの常識
   新型インフルエンザの予防と対策
   ノロウイルスの常識
   ピロリ菌の常識
   良い病院を見分けるポイントとは?
   安心できる医師のポイントとは?
   賢い「かかりつけ医」の選び方
   個室料を払わなくてもよいとき
   薬の「食前」「食間」「食後」とは?
   風邪のときにお風呂に入ってはいけないの?




                                        


       

病院の常識病院を使いこなす医療費お得情報ちょっとした疑問再生不良性貧血臨床検査技師
血液検査サイトマップお問い合わせリンクホーム

Copyright(C) これであなたも医の達人 All Rights Reserved.